EPAサプリ、DHAサプリ摂取量のめやす

EPAサプリ、DHAサプリ摂取量のめやす

健康によい、体に必要な栄養素がDHAやEPAですね。DHAとはドコサヘキサエン酸、EPAとはエイコサペンタエン酸のことです。イヌイットの方たちが心筋梗塞や動脈硬化などの血管にまつわる生活習慣病を発症しないことから、魚食に理由があるのではないかと注目が集まりDHAとEPAの血液をサラサラにする効果が判明したのです。

 

それでは、DHAやEPAを体が必要としている量は一体どれぐらいなのでしょうか?DHAの1日に必要な量は500rから1g程度、2gぐらいまで摂取しても問題ないと言われています。しかし現代の日本の食生活では400r程度が平均的な摂取量となっています。

 

サプリメントでは、「1粒で120rのDHAが摂取できる!」といったことや「1日4粒で必要量が摂取可能」といった表記になっているのではないでしょうか。価格が安いものを選びたくなってしまうのですが、この配合量に注目してサプリメントを選ぶようにしましょう。1日分の摂取量とされているサプリをのんだとしても、必要な量に不足がある場合もあります。1万円のサプリだから摂取量が十分で、500円のサプリだから足りないということはなく、含有量をしっかりと確認することをおすすめします。

 

ではこの1日に必要な分量を実際に魚から摂取した場合はどれぐらいの分量となるのでしょうか?もしも魚を調理して食べるのならイワシ1〜2尾、マグロなら中トロのお刺身を4切れ程度、が目安です。DHAを体内で生成することはできませんので、食品やサプリなどから積極的に摂取することが重要になってきます。

 

しかし、毎日イワシを準備する、お刺身を購入するということはなかなか簡単なことではありませんね。また一人暮らしの方などは特に外食続きとなってしまうことも多いのではないでしょうか。そんな時にサプリの力を借りることで、ムリなく摂取しやすくなるのです。

 

普段に400rを食事から摂っているとして、サプリで500r程度プラスするというのは健康維持や予防的意味合いでの摂取の方におすすめの分量でしょう。また血管系の病気などに不安がある方の場合は、サプリで1000rを追加してもよいでしょう。さらにアトピーや痴ほう症の予防、血液をきれいにしたいという方なら1500rまで追加するということも可能です。

 

【小林製薬】DHA&EPA EX
しっかりと身体に届くDHAサプリメント「きなり」
きなり
やずやの青魚の知恵